ご連絡いただく。 「ご連絡」の正しい敬語表現とは?目上への使い方と注意点を紹介

ご連絡いただく ご連絡いただく

「ご連絡させていただく」は相手の許可が必要 一見丁寧な言い回しに聞こえる「ご連絡させていただく」という言葉ですが、「させていただく」とは基本的に他者の許可を得たうえで使用される言葉です。 「挨拶」って、わざわざ許可を得てするものなのでしょうか? 人に会った時、挨拶するのは当たり前のことですよね。

19
以下、使い方を例文で確認しておきましょう。
ご連絡いただく ご連絡いただく

」 ・「後ほど、ご連絡申し上げます。

12
この記事の目次• 相手の行為・動作に対しても、自分の行為・動作に対しても使用できます。
ご連絡いただく ご連絡いただく

「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。

5
謙譲語 「連絡をもらう」を謙譲語に直すと、「ご連絡をいただく」になります。
ご連絡いただく ご連絡いただく

たとえば「誠に勝手を申し上げますが」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 メールの文面でも、もう一度メールを送りたい場合に使えます。

17
com 様々な場面で、使用する「ご連絡させていただきます」。 )から、ご質問に該当する部分をコピーしておきます。
ご連絡いただく ご連絡いただく

各部品の仕上がりは順調で、既に梱包を開始しています。 「いただく」は「~してもらう」という行為が自分またはそのほかの人が含まれますが、「賜る」の場合、相手の行為が自分のみだと強調する場合に使われます。

ご連絡をお待ちしております」「本社に戻られたら一度こちらにお電話をいただけますでしょうか。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。
ご連絡いただく ご連絡いただく

では、この記事で解説する「ご連絡させていただきます」の表現ですが、もし「これは、敬語として正しいでしょうか」と質問されたら答えられますか? 当たり前の様に使っているだけに、答えに迷ってしまった方もいるのではないでしょうか。

相手に「連絡をもらう」という手間をかけることになるので丁寧に伝えることが大切です。 メールにてご連絡させていただきます 電話や対面で会話をした後、資料などのやり取りをメールで行いたいような場合に使える表現です。