ナルト サスケ 腕。 「NARUTO」「BORUTO」からナルト、サスケ、ボルトたちをイメージした腕時計が登場(アニメ!アニメ!)

腕 ナルト サスケ 腕 ナルト サスケ

正直ナルトとの戦いは全くの互角でしたし、ナルトが先に目が冷めただけで、ナルトが「トドメを刺せたけど、そうしなかった」といった描写はされていませんでした。 同胞を皆殺しにしてもサスケだけは殺さなかった理由が分かる。

18
自分が戦場で庇う(足手まといになる)可能性のある奴を覚悟をもってサスケは同行させたのだと思います。 サスケが隻腕なのは、彼なりのけじめというか思いなのかなぁと。
腕 ナルト サスケ 腕 ナルト サスケ

イタチは死んだ。

7
オレはお前も、里の奴らも、一人残らず全員殺す!」 「行き着くところお前の選択は二つ。 だがイタチは死に、サスケは生きている。
腕 ナルト サスケ 腕 ナルト サスケ

だが、それは里側がうちはへのスパイとして指名していたイタチによって既に割れていた。 邪魔者は切り捨てるとばかり、納めかけた刀を再び抜き払って森へと突入した。

「あの夜……イタチがうちは一族を皆殺しにしたのは事実だ。 サスケは、うちは一族で唯一の生き残りになってしまい敬遠されていた自分と、九尾の人柱力とされて里の人々から嫌われ孤独となっていたナルトを重ねていた。
腕 ナルト サスケ 腕 ナルト サスケ

また、本当の勝負を改めてすると、旅達の時に約束したことで、ナルトも肩の荷がおりたのではないでしょうか。

さらなる憎しみと共に開かれたその眼には、直巴の万華鏡写輪眼が輝いていた。 。
腕 ナルト サスケ 腕 ナルト サスケ

ナルトの右腕が700話で初めて出てきたコマは、パソコンのキーボードを打っている場面です。

かつての終末の谷の時同様、螺旋丸と千鳥のぶつかり合いになるが、その中で精神が繋がり、ナルトと少しの間対話する。 足りないからだ……憎しみが」 圧倒的な強さに手も足も出なかったサスケは、己自身に失望し、そして仲間と共に在る光に満ちた未来への希望すら失ってしまう。
腕 ナルト サスケ 腕 ナルト サスケ

当時のサスケは幼く、何も知らなかった。 強大な敵とはいえ過去にピンチを与えられた奴(オビト・マダラ・カグヤ)を考えたら・・・って判断をサスケがしたのでしょうね。 サスケもまた、穢土転生のコントロール札を書き変えて再びイタチを操ろうとするカブトを何度も妨害し、戦いのペースをギリギリのところで繋ぎ続ける。

16
12月11日より各アイテム6,500本限定で発売されることが決定した。 白眼使ってたらチャクラの塊で見られてたのにー まぁサクラとサラダが可愛かったので良しとしましょう サスケがカグヤとの対戦後に旅に出る時に自分への戒めと償いの為に旅に出るような感じだったのでまだそれが自分の中で終わっていないのでしょう。
腕 ナルト サスケ 腕 ナルト サスケ

。 だが3年間の修業の末、サスケはヒルゼンの封印術で忍術を失い、弱体化していた大蛇丸を上回る力を身に着ける。

7
イルカ先生・・あんた良い人だぜ・・・ そんな僕が今回好きなシーンBEST3をご紹介! ファンが選ぶ!!お勧めシーンBEST3 3位 サスケvsイタチ これは兄弟対決。
腕 ナルト サスケ 腕 ナルト サスケ

ナルトとサスケは本当は嫌いあっているのではなく「ライバルとして意識」しているということ。

10
里の上層部はそれを、うちは一族が写輪眼を以て操っていたのではないか、と睨んだ。 だからこそ、ナルトが痛みを感じるたび自分も同じように痛みを感じていた。