徳川 御 三 卿。 徳川御三卿は御三家と違い大名ではないんですよね。御三卿は跡継ぎ...

三 徳川 卿 御 三 徳川 卿 御

メタ情報• Sponsored Link• 始祖は、田安徳川家 田安家 が徳川宗武 第8代将軍徳川吉宗の次男 、一橋徳川家 一橋家 が徳川宗尹 第8代将軍徳川吉宗の四男 、清水徳川家 清水家 が徳川重好 第9代将軍徳川家重の次男。

5
吉宗以降は、御三家を模した御三卿が創設され、御三家と共に将軍家の嗣子を出す役目を担うことになった(ただし御三家と異なり、当主がいない状態もあった)。 将軍家が、御三家や外様大名家にガンガン養子を送り込んで、日本じゅうを「吉宗系徳川氏」の血統で埋め尽くしてしまおう、という観点からいえば、「腰掛待機ポスト」の御三卿は、おおいに役立った、といえるでしょう。
三 徳川 卿 御 三 徳川 卿 御

6男の 忠輝 ただてる )さんは長生きするのですが、なぜか父・家康さんに嫌われてしまっているのです。 元は、宗家の後嗣が絶えた時に備え、家康が宗家存続のために遺したものであるとも言われる。 今回はこの御三卿の各家に残る名品を紹介するとともに、御三卿が果たした役割についてご紹介します。

17
「卿」と呼ばれたのは、「公卿」の位を与えられていたからです。
三 徳川 卿 御 三 徳川 卿 御

しかし御三卿の場合は、そもそも領地は幕府が経営、屋敷地は幕府が支給、家臣団は幕府からの出向という形をとっていたため、家督相続者を欠いた場合であっても家の組織を収公する必要性がなく、したがって後継の当主が立てられるまでは現状のままに維持された(欠員のまま現状に維持されることを「明屋敷」という)。 いわば、御三家は立派な地方自治体ですが、御三卿というのは本省でポストのなくなった天下り役人を受け入れるための「仕事のない特殊法人」のようなものです。

14
御連枝により、尾張家のは4代、紀州家のは3代、水戸家のは2代の御三家当主を出した。
三 徳川 卿 御 三 徳川 卿 御

9k件のビュー• 水戸家はが断絶後の(寛永13年)に徳川を賜姓された家であり、他の2家よりも官位・官職の点では下ではあるが、朝廷に対して次期将軍家の奏聞をし、また江戸常勤であることなどから、5代将軍のころから他の2家と共に御三家と呼ばれるようになった。 沿革 [編集 ] 第8代将軍が次男・、四男・を取り立てて別家を立てたのが御三卿の起こりである。

13
実父・徳川斉順は家慶の異母弟で、家茂は第13代将軍・家定の従弟。
三 徳川 卿 御 三 徳川 卿 御

紀州家出身の吉宗に関しては尾張家当主のやとの間に確執があったとされている [ 要出典]。

6
紀州家の 徳川吉宗 とくがわよしむね )さんが将軍家の養子に迎えられ、徳川8代将軍となるのです。
三 徳川 卿 御 三 徳川 卿 御

家臣はすべて幕府からの出向で、飛び飛びにある領地からの年貢の徴収もすべて彼ら幕府の役人がやっていますから、事実上は「幕府から十万石のお手当てをもらい、将軍のスペアとして無為徒食しているだけの存在」です。 後継ぎ問題はやはりたくさんありましたね。 また、松戸に分家があり松戸徳川家と言われ3代当主徳川文武氏が当主として継いでいます。

8
なんか怪しいー 笑。 また領地は与えられていますが日本全国に飛び飛びであり、その管理も幕府が。
三 徳川 卿 御 三 徳川 卿 御

また、徳川家康が徳川と苗字を変える前の松平の名前を持つ一族が姻戚としています。

13
さらに、吉宗の長男で第9代将軍となったが、自身の次男・を別家として取り立てたことで、三家の体制が確立した。 松平定信 松平定信は徳川宗武の七男で、のちに陸奥国白河藩・久松松平家の養子に出され、白河藩3代藩主となった大名・老中です。
三 徳川 卿 御 三 徳川 卿 御

会津松平家は、二代将軍徳川秀忠の息子で三代将軍徳川家光の異母弟保科正之が開祖の家系です。 つまり「将軍のスペアなんて一つで充分だ。 聞いたことはあってもどんなものを具体的に指すのか、あまりピンときませんよね。

男系限定の場合親戚に娘をやって外孫に継がせるという考えもあったようです。