恐悦 至極 と は。 恐悦至極の意味,使い方,例文,類義語,同義語とは?

至極 は 恐悦 と 至極 は 恐悦 と

・このたびはたいそうなお品をいただきまして、恐縮至極に存じます。 「恐悦」とは、相手の好意や取り計らいに対し謹んで喜ぶという意味です。 また、「お世話様」はいけません。

この、「 恐悦至極」という四字熟語の意味を現代風に表現すると、たった4文字の漢字がこんなふうになります。 頼みごとなどをするような場合や、スピーチをするような場合などによく使われます。
至極 は 恐悦 と 至極 は 恐悦 と

この「きょうえつしごく」とはどういう意味でしょうか。 「至極」とは、この上ないこと、それを越すものは他にないほどだ、という意味で、「至極残念だ」「至極当然のことだ」などと副詞的に用いられることが多い言葉です。 今日の四字熟語は 恐悦至極(きょうえつしごく) 時代劇にみる日本の敬語 「殿にはご機嫌麗(うるわ)しゅう、 恐悦至極に存じます」 「お褒めにあずかり、 恐悦至極にござりまする」など。

あなた様にご高覧頂けまして、 恐悦至極に存じまする。 「お褒めに預かり大変嬉しく思い、また大変恐縮しております」といったニュアンスを伝えています。
至極 は 恐悦 と 至極 は 恐悦 と

講演が終わった後に懇親会などで話すチャンスがあれば、相手を尊敬する気持ちが伝わる挨拶として使える文です。

6
「お世話になりました」と、目上の人にはきちんと略さずに言いましょう。
至極 は 恐悦 と 至極 は 恐悦 と

「恐悦至極に存じます」 「恐悦至極に存じます」をわかりやすくすると、 「大変畏れ多く幸せでございます」や 「これ以上にない幸せや悦びを感じております」という意味になります。 意味は 「思う」または 「知る」の謙譲語であり、それに丁寧の 「ます」がついた形です。 そして文字の中に 「祝」という漢字が入っているので、出産や結婚、健康などの慶事ごとで使われる事が多い言葉でもあります。

このたびは、私の当選祝いに会長自らご光臨賜りまして、 恐悦至極でございます。 例えば 「恐縮です」だけでは、相手に対して配慮が欠け、不遜に思える場合に 「至極」を付けて謙譲語にして使用します。
至極 は 恐悦 と 至極 は 恐悦 と

自分より目上の人に対して敬意を表わし、謙遜しなつつも非常に喜んでいる状態を表します。 ビジネスシーンからプライベートでの日常会話の中でも使われる日常用語です。

1
もったいない喜びが極限まで達している。 これほど嬉しいことは無い感情 と言った意味になります。
至極 は 恐悦 と 至極 は 恐悦 と

「恐悦」は 「恭悦」とも書く場合がありますが、どちらにしても難しい漢字であり、普段日常では頻繁に使わない言葉なため、読み間違いや漢字には注意が必要です。 「恐悦」とは、相手の好意に感謝し喜ぶこと。

14
「extremely」は「極めて」、「delighted」は「大いに喜ぶ」という意味です。 また、感謝に値するほど、非常に嬉しい場合にも使います。