名古屋 市営 地下鉄。 名古屋市営地下鉄東山線の時刻表

地下鉄 名古屋 市営 地下鉄 名古屋 市営

:1435mm• 環状化前は名城工場が地上に存在した)。 名古屋市営地下鉄の駅や車内に掲示されている路線図には、名古屋市営地下鉄の路線以外にも、直通先のや、、も掲載されている。

3
以前は昼間時間帯で8分間隔で運転されていたが、市営交通事業中期経営健全化計画(平成14年度 - 平成17年度)に基づき、2004年の名城線環状部開業に合わせて10分間隔に改められ、減便となった。
地下鉄 名古屋 市営 地下鉄 名古屋 市営

2020年9月22日閲覧。 までは毎年の花火大会や大晦日深夜の時に運行されるについては犬山駅発着を延長し、まで直通していたことがあった。

1
近鉄との連絡定期券は存在しない。 終点の赤池駅も地下駅となっている。
地下鉄 名古屋 市営 地下鉄 名古屋 市営

犬山駅で接続する名鉄犬山線の電車で名古屋駅方面へ戻ってきてもいい。

4号線の愛称を名城線に変更、名城線環状運転開始。 の7月以降、東山線で金曜日と祝日前日(年末年始やお盆を除く)に限り終電を45分間延長した。
地下鉄 名古屋 市営 地下鉄 名古屋 市営

制御方式は。

14
名城線・名港線以外では、各路線の北ないし西を01番(起点)として付けている。 その後、までは花火大会の臨時列車に限りまで運行していたが、犬山駅直通が減少した2009年以降は鶴舞線からの延長運転は行われていない。
地下鉄 名古屋 市営 地下鉄 名古屋 市営

ただし、平日の朝・夕方、休日の朝は本数が増え、早朝や夜間は本数が減る。

1
(元年) - 桜通線中村区役所 - 今池間が開業。
地下鉄 名古屋 市営 地下鉄 名古屋 市営

(昭和56年) - 鶴舞線浄心 - 伏見間が開業。

10
また、狭軌路線のうち以外の2路線は、下記の通り(名鉄)とを行っている。
地下鉄 名古屋 市営 地下鉄 名古屋 市営

制御方式はVVVFインバータ制御。 残る赤池 - 間は、名鉄豊田線として開業を見ている。 2020年9月22日閲覧。

さすがにひと駅区間は短いので、乗車したら上飯田駅の隣駅、味鋺駅(あじまえき)、もしくは小牧駅や犬山駅まで足を伸ばしてみてはいかがだろう。
地下鉄 名古屋 市営 地下鉄 名古屋 市営

2011年3月28日• その後は下をまで北上する。 それが7000形だ。 また、から市バスに乗り換えた先には(通称:平針試験場)がある。

6
(昭和54年) - 鶴舞線と名鉄豊田線の相互乗り入れ開始。 また、車両内に鏡を設置しているのも特徴である。