10 回 クイã‚ē。 ã€č¨€ã„é–“é•ã„æŗ¨æ„ã€‘įĩļ寞一åēĻはåŧ•ãŖかかるīŧīŧŸ10回クイã‚ēå•éĄŒīŊœã‚¯ã‚¤ã‚ēčĢ–〜įŸĨįš„åĨŊåĨ‡åŋƒãŽåĄŠã€œ

回 クイã‚ē 10 回 クイã‚ē 10

æĩˇč‹”åˇģきでごはんをåˇģくぎは「æĩˇč‹”」です。 2「æ—ĨæœŦčĒžã‚’しゃずるぎはīŧŸã€ã¨į›¸æ‰‹ãĢč¨Šããžã™ã€‚

8
īŧˆä¸€čˆŦįš„ãĢは最垌ãĢ「ごくろうさぞ。 īŧ–īŧŽã€Œã‚ˇãƒĨãƒŧト」ãŖãĻ10å›žč¨€ãŖãĻãŋãĻ。
回 クイã‚ē 10 回 クイã‚ē 10

æ‘ãŽå­äž›ãŸãĄ 夏ぎ厝įŸŗ 一万円札ãĢ描かれãĻるぎはīŧŸâ€ĸ 」 čŗĒå•č€…ã€Œå‡ēį”Ŗです」 ãŒč€ƒæĄˆã•ã‚ŒãŸã€‚ ã‚ˇãƒĨãƒŧトぎį­”えâ€ĸ æ˜¯éžãœã˛ä¸€åēĻ、やãŖãĻãŋãĻ下さい。 。

13
10ã§č€ƒãˆãĻã—ãžã†ãŸã‚ã¨č€ƒãˆã‚‰ã‚Œã‚‹ã€‚ 「ピã‚ļãŖãĻ10å›žč¨€ãŖãĻīŧã€ã§ãŠãĒじãŋぎ10回クイã‚ēãĢは é›Ŗしいもぎからį°Ąå˜ãĒもぎぞでたくさんぎį¨ŽéĄžãŒã‚りぞすぎでぞとめãĻごį´šäģ‹ã—ぞす 10回クイã‚ēとはクイã‚ē遊ãŗでį›¸æ‰‹īŧˆå›žį­”者īŧ‰ãĢã“ãĄã‚‰ãŒæŒ‡åŽšã—ãŸã‚­ãƒŧワãƒŧドを「10å›žã€č¨€ãŖた垌ãĢ「į›¸æ‰‹ãŒé–“違うようãĒクイã‚ē」をå‡ēéĄŒã—ãĻ間違ãŖたį­”ãˆã‚’č¨€ã‚ã›ã‚‹ã‚˛ãƒŧムです 䞋えばこんãĒクイã‚ēがありぞすâ€Ļâ€ĸ æ—Ĩį„ŧけも、間違えやすい中į´šå•éĄŒã§ã™ã‚ˆã€‚
回 クイã‚ē 10 回 クイã‚ē 10

かわいいâ€ĸ 」でもã‚ŗãƒŧナãƒŧがäŊœã‚‰ã‚Œã‚‹ãĒおåēƒãįŸĨられるクイã‚ēãĢãĒãŖたようです。 į‰ŠčĒžãŽå†…厚をしãŖかりį†č§ŖしãĻいãĒいと、ついéŸŗãĢつられãĻã˛ãŖかかãŖãĻしぞいぞす。 įĩ‚わりãĢ é€†ã˛ãŖかけやäēŒé‡ã˛ãŖかけは éŖ›ãŗé“å…ˇãŋたいãĒクイã‚ēãĒぎで、 いきãĒã‚Šã“ã†ã„ã†å•éĄŒã‚’å‡ēしãĻã—ãžã†ãŽã¯č‰¯ããĒいかもしれぞせん。

į°Ąå˜ãã†ã§ã™ãŒã€į­”えるæœŦäēēは間違ãŖãĻしぞうéĸį™Ŋさがありぞすよ。
回 クイã‚ē 10 回 クイã‚ē 10

ã‚ĩãƒŗã‚ŋã¨č¨€ãˆã°ãƒˆãƒŠã‚Ģイīŧ というぎはすぐãĢå‡ēãĻきぞすが、 乗ãŖãĻいるぎはã‚ŊãƒĒãĒんですよね。 「æŦ å¸­ã€ãŖãĻč¨€č‘‰ã¯ã€å­Ļį”Ÿæ™‚äģŖãģとんおぎäēēがįĩŒé¨“しãĻきたことãĒぎで č¨€č‘‰ã¨ã—ãĻãĒじãŋもありぞすしね。

18
īŧ‘īŧå›žã‚¯ã‚¤ã‚ēé›Ŗしいé›Ŗ問 虎ãƒŦベãƒĢīŧ‘īŧå• æŦĄã¯č™ŽãƒŦベãƒĢぎé›Ŗしいé›Ŗ問だ。
回 クイã‚ē 10 回 クイã‚ē 10

æĻ‚čĻ 10回クイã‚ēは、からãĢかけãĻæĩčĄŒã—た、ぎ一į¨Žã€‚

2
昔æĩčĄŒãŖたいろいろãĒ10回クイã‚ēをぞとめぞした。
回 クイã‚ē 10 回 クイã‚ē 10

äģŠåēĻはおんãĒå•éĄŒå‡ēされるぎかãĒãƒģãƒģ といãŖた時ãĢこれやられると åˆĨぎ意å‘ŗã§ã˛ãŖかかãŖた気分ãĢãĒるぎで ã‚ŋイミãƒŗグが大äē‹ã§ã™ã­īŊ— äģŠå›žãŽãžã¨ã‚ はい、そんãĒわけでäģŠå›žã¯ ã˛ãŖかけぎ10å›žč¨€ãŖãĻクイã‚ēで éĸį™Ŋã„ã‚‚ãŽãĄã‚‡ãŖとé›Ŗしいと感じるé›Ŗ問ãĒお į´šäģ‹ã—ãĻいきぞした。

13
10回クイã‚ēはいかがでしたかīŧīŧŸ これとäŧŧたようãĒã‚ŗãƒŗã‚ģãƒ—ãƒˆãŽã˛ãŖかけクイã‚ēãĢというぎがありぞす。 ぎ頃ãĢ「ãŖãĻ10å›žč¨€ãŖãĻ」ãŖãĻぎ、æĩčĄŒãŖたãĒぁ ãƒ’ã‚¸ã‚’åˇŽã—ãĻ「ここはīŧŸã€ãŖãĻčžãã¨ã€Œãƒ’ã‚ļ」ãŖãĻį­”ãˆãĄã‚ƒã†ã‚“ã ã‚ˆã­ ぎãĢ「、ãŖãĻ10å›žč¨€ãŖãĻ」ãŖãĻ言ãŖたら 「、、、â€Ļ」ãŖãĻč¨›ã‚Šã§čŋ”された 不厉をčĻšãˆã¤ã¤ã‚‚一åŋœãƒ’ã‚¸ã‚’åˇŽã—ãĻ「じゃ、ここはīŧŸã€ãŖãĻčžã„ãŸã‚‰ 「ボã‚Ĩīŧã€ãŖãĻį­”えやがãŖた 野坂、元気でいらãŖしゃるんだろうか é–ĸé€Ŗ動į”ģ é–ĸé€Ŗ静į”ģ é–ĸé€Ŗ商品 é–ĸé€Ŗ項į›Žâ€ĸ ã‚ŗピペ 上では、ぎ10回クイã‚ēãĢé–ĸするäŊ“験čĢ‡ãŒã€å„所ãĢされįŸĨられãĻいる。
回 クイã‚ē 10 回 クイã‚ē 10

é–ĸį¯€ã¯čĻ‹ãˆãĒいよ。

1
11月26æ—Ĩ įŽĄį†äēēさんより åŒŋ名さん ご指摘ありがとうございぞす、äŋŽæ­Ŗしぞした。 一つ一つ丁寧ãĢå•éĄŒã‚’į†č§Ŗすることが、æŋ€ãƒ ã‚ēクイã‚ēではåŋ…čĻãĢãĒりぞす。
回 クイã‚ē 10 回 クイã‚ē 10

10å›žč¨€ã‚ã›ã‚‹į”¨čĒž čŗĒ問 į­”え 豆æŋ醤īŧˆã¨ã†ã°ã‚“じゃんīŧ‰ æļˆé˜˛čģŠã‚’å‘ŧãļį•Ēåˇã¯īŧŸâ€ĸ 新しいクイã‚ēをį™ēčĻ‹æŦĄįŦŦčŋŊ加äēˆåŽšã§ã™ã€‚

12
æ—ĨæœŦčĒžã‚’しゃずるぎはåŖです。 2「å†ŦãĢįŠēからčŊãĄãĻくる水はīŧŸã€ã¨čŗĒ問しぞす。
回 クイã‚ē 10 回 クイã‚ē 10

åŊ“時į§ã¯å°å­Ļį”Ÿã§ã—ãŸãŒã€ä¸‹æ ĄãŽæ™‚ãĢ上į´šæ€§ãŒã—きりãĢ10回クイã‚ēã§ã˛ãŖかけようとしãĻきたぎをčĻšãˆãĻいぞす。

12
ã€ŒæąäēŦã‚ŗãƒŧヒãƒŧ」ãŖãĻ10å›žč¨€ãŖãĻ å•éĄŒīŧšå­Ļæ Ąã‚’äŧ‘むことをäŊ•ã¨ã„うīŧŸ į­”えīŧšæŦ å¸­ ã˛ãŖかけīŧšį™ģæ Ąæ‹’åĻ į™ģæ Ąæ‹’åĻはずãŖとå­Ļæ ĄãĢčĄŒã‹ãĒいことだね 3. 1ピã‚ļと10å›žč¨€ãŖãĻもらいぞす。 2すぐãĢ「äŧšį¤žã‚’čžžã‚ã‚‹ã“ã¨ã‚’äŊ•ãĻč¨€ã†īŧŸã€ã¨čŗĒ問しぞす。