アース カタストロフ。 アメリカや世界の自然災害の発生件数と経済的損失が黙示録的な増加を続けていることから予測される「2020年はさらなる覚悟の時代となる」こと

カタストロフ アース カタストロフ アース

米国で1000億円以上の経済的損失を出した自然災害の推移 ・ 10億ドル以上の経済的損失が発生する災害というと、どれもかなりの規模の災害だと思いますが、そのような大規模自然災害の増え方がこのようになっているのでした。 上の論文の、 この減少は、大規模な要因が関与しなければ説明がつかない というあたりが示していますように、「本当の原因」は、想像もつかないものなのかもしれません。 すなわち、オゾンホールの発生です。

南極大陸の面積の8割に相当し、大規模なオゾンホールが見られるようになった90年以降で最小だった。 2015年5月の英国ガーディアンの報道より ・ 2016年10月の米ロイターの報道より ・ 2010年6月の英国BBCの報道より ・ あるいは、水中にすむあらゆる生物も、以下の記事に書かせていただいた「 人間の薬の水への排出」により壊滅的な影響を受けている可能性が浮上しています。
カタストロフ アース カタストロフ アース

1万2000メートルの高さに達する巨大なキノコ雲が立ち昇る - 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー カムチャッカのシベルチ火山で近年の全世界の噴火の中で最大級の爆発的噴火が発生。 過去 30年間で、全昆虫の総質量は年間平均 2. ・ 人類が絶滅の危機を迎えたトバ・カタストロフ理論はなかった 最近はとても火山の噴火が多く、今後もさらに巨大な火山の噴火が発生する可能性が考えられていますが、超巨大火山が激しい噴火を起こした場合には、大気中に極めて大量の火山灰が放出されるために、それらの灰や微粒子が日光を遮断し、 結果的に「地球規模での寒冷化につながる」ということは、よく言われることです。 研究は、オーストラリアのシドニー大学とクイーンズランド大学の研究者たちによっておこなわれた。

9
このオゾンホールは、季節的な要因によるものであろうと、ヨーロッパの報道はいますが、どのくらいの期間続くかは不明です。 消滅は11月10日で、90年以降最も早かった。
カタストロフ アース カタストロフ アース

また、「トバ火山の噴火が、人類を絶滅に追いやった」とする理論も、他の研究から否定されつつあります。 なので、小学生の男の子たちは、夏はずっと虫取り(という名の虫の大虐殺行脚)をしていた感じがあります。 ここまでです。

16
そして最近神様に教えて戴き宇宙創造からの歴史年表が作成出来ました。
カタストロフ アース カタストロフ アース

これにより過去の気温の推移を把握することができるのですが、最近見ました過去の地球の気温の推移には、 トバ火山の噴火による「寒冷化」が見られないのです。

19
そして、2017年10月には、以下のような記事を書きました。 下の図は、近代史での地球の大きな火山の噴火と、トバ火山の噴火を比較したものですが、まさに「比較にならない」ほど、7万4000年前のトバ火山の噴火は巨大であったようです。
カタストロフ アース カタストロフ アース

これは、ののどんなよりも巨大な噴煙の高さとなり。 驚くべきことに、このフレアは見た目よりもさらに大きかった可能性がある。

15
たとえば、トバ・カタストロフ理論のような事象が起きていたとすれば、約 7万4000年前のトバ火山の噴火の直後から大幅な気温の低下が見られるはずですが、以下は、グリーンランドの氷床から見る気温の推移で、トバ火山噴火後は、長い間、特に気温の低下はなかったことを示します。 この噴火で放出されたエネルギーはTNT火薬1ギガトン分、1980年のセント・ヘレンズ山の噴火のおよそ3000倍の規模に相当する。
カタストロフ アース カタストロフ アース

11月23-29日の太陽フレア発生の推移 太陽の黒点全体の数も 67にまで上昇しており、太陽活動はさらに活発化し続けている可能性が出てきています。 ここまでです。

・ NOAA アメリカでのハリケーンの発生回数がものすごく増えたというわけではないですので、「 10億ドル以上の経済的損が出やすい強力なハリケーンが増えた」ということだと理解できそうです。
カタストロフ アース カタストロフ アース

まして、人為的などという理由はもう……。 同庁によると、オゾンホールは9月7日に最大1100万平方キロまで拡大。 「ひふみ神示に出会い私の人生観は大きく変わりました。

18
1万2000メートルの高さに達する巨大なキノコ雲が立ち昇る - 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビューはてなブックマーク - カムチャッカのシベルチ火山で近年の全世界の噴火の中で最大級の爆発的噴火が発生。 2017年7月30日の In Deep 記事より 先日、とても短い期間ですが、帰省しました。
カタストロフ アース カタストロフ アース

現世人類も、トバ事変の気候変動によって総人口が1万人にまで激減したという。 4 カテゴリーとして記録した。

() このくらいの規模の太陽フレアですと、地球に直接向いている場合、多かれ少なかれ影響は出ると思いますが、そのようなフレアを発生させた黒点がこれから地球に回ってくることになります。